愛知県岡崎市の歯科・歯医者|医療法人康生歯科医院

〒444-0046
愛知県岡崎市連尺通2丁目11

Menu

康生歯科医院
  • HOME
  • インプラントとは
インプラントとは

インプラントとは?

インプラントという言葉を聞いたことがありますか?インプラントとは英語で「implant」、しっかり差し込むという意味があります。インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人口歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける方法です。埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。その上に取り付ける人口の歯も、患者さんに合わせて1本ずつ作るので、噛み心地も外観も天然の歯とほとんど変わりがありません。

インプラントは生体組織との親和性が高いチタンという金属を使用しています。チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として使用されています。また顎の骨と結合することが確認されています。インプラントと顎の骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作ることができます。従来の治療法では難しかった「食べる・話す」といった行為もインプラント治療により、ご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができる、それがインプラント治療の特長です。

インプラント(人口歯根)の特長

  • 土台が常に安定しています。
  • 健康な歯を削る必要がありません。
  • 噛む力が戻り、顎の骨が弱っていくのを防ぎます。
  • 違和感・異物感を感じず快適に過ごせます。
  • 天然歯のような審美性になります。

インプラント治療の代表的な特長になります。食べる喜びやおしゃべりをすることなど、楽しい生活は健康な歯があることから始まります。歯を失うと、見た目を損なってしまうだけではなく、きちんと話せなくなったり食生活にも大きな影響を与えてしまいます。そういった機能的、審美的にも整えることができる治療がインプラント治療です。