中部ペリオ・インプラントについてはこちら

〒444-0046 岡崎市連尺通2-11

電話番号 0564-65-0323
中部ペリオ・インプラント

岡崎市、インプラント、矯正歯科、入れ歯、歯周病、顎関節症、審美歯科、ホワイトニング

当院のご案内

学会・研究発表 TIPIセミナー 求人募集 リンク 中部ペリオ・インプラントセンター
MOBILE SITE

院内風景

設備紹介

CT画像診断(Sim Plantシステム)

Sim Plantシステム

康生歯科医院では、インプラント治療を希望される患者さんに確実で安全な治療を受けていただくために、CT画像診断(Sim Plantシステム)を用いて診断、治療計画を立てています。
普段使用するレントゲン撮影は、一般的な歯科治療ではとても役に立ちます。一方、インプラント治療においては、あごの骨の硬さや三次元的な形を調べることが重要となります。あごの骨の硬さや形、神経の位置や血管の走行などは、一人一人異なります。それらをきちんと把握するため、レントゲンだけではなくCT撮影を行うのです。
そしてそのCT撮影の検査データを、最先端のコンピュータシステムSim Plantを用いて数値化、画像化して、実際にシミュレーションを行い、患者さん一人一人に合った無理のない治療計画を立てています。その診断・治療計画を、コンピュータの画面上で実際に説明いたしますので、患者さんも自分のあごの状態がよくわかり、安心して治療を受けることが出来ます。
これが、より安全で短時間に手術を行うための最新の方法です。

歯科用CT導入のメリット

■治療の安全性の確保
幅広く歯科治療に応用することができ、正確な診査・診断により、治療の安全性を高めます。
■見えなかったものが見える
一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。歯の内部や骨の中など直接見えないところまで把握できるため、正確な治療ができます。
■わからなかったことがわかる
顎(あごの骨)や歯だけでなく、神経の状態、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣(歯根の膿)などを立体画像で確認できます。
■患者さんの負担軽減
例えば従来のインプラント治療では、インプラントの土台となるアゴの骨(歯槽骨)の状態を確認するために、骨の上の歯肉を剥がして直接確認する場合もありましが、CTの導入により、事前に状態を確認できるため、患者さんの負担が少なくなりました。
■時間の短縮
CT導入以前は主に大学病院まで撮影に行っていただいておりました。そのため、日数も手間もかかってしまいましたが、現在では必要な場合、当院でわずか数十秒での撮影が可能となりました。
■わかりやすい治療説明
治療する部位や病気の進行を立体的な3D画像でお見せできますので、どこを、どのように治療するのか、患者さんご自身にも病状を把握できますので、安心して治療にのぞんでいただくことができます。
■人体への安全性
当院導入の歯科用コンビームCTは、一般の医科用CTと比べ被曝量が非常に少なく必要な部位のみへの撮影も可能なため放射線による健康被害のリスクを抑えられます。

CT撮影例

診療時間

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:木曜、日曜、祝日

個人情報保護に関する当院の基本
PAGE TOP