康生歯科医院 クリニックについてはこちら

〒444-0046 岡崎市連尺通2-11

電話番号 0564-65-0323
中部ペリオ・インプラント

岡崎市、インプラント、矯正歯科、入れ歯、歯周病、顎関節症、審美歯科、ホワイトニング

安心してインプラント治療を行うために

インプラント紹介ムービー 康生歯科医院 クリニックについてはこちら
MOBILE SITE

安心してインプラント手術を受けて頂くために

当院は静脈内鎮静法を用いてインプラント手術を行っておりますので、眠った状態で手術を行うことが可能です。高血圧や心臓疾患のような持病をお持ちの方や、手術に対する恐怖心をお持ちの方、パニック障害の方にも安心して手術を受けて頂けます。

当医院では、最先端のコンピュータシステム
(SimPlant)を活用してインプラント治療を実施しています。

インプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。そこで、治療前に病院でCT撮影を行うようお願いしています。

病院でCT撮影を行い、当院で、最先端のコンピュータシステム(SimPlant)を使用して、顎の骨の状態を見ながら治療計画を立てます。これが、より安全で無理のない治療を進めるための最新の方法です。

シムプラント(SimPlant)とは・・・・

シムプラント(SimPlant)とは、ヨーロッパで開発された最先端のインプラント治療計画システムです。当院では、安全性と審美性を第一に考え、シムプラントを活用してより安心なインプラント治療を行っています。

CT撮影が必要な理由

歯医者さんでよく行うX線撮影は、歯の様子を見たり虫歯の治療をするのにはとても役に立ちます。一方、インプラント治療においては、顎の骨の硬さや形を調べることが重要になります。顎の骨の状態は、骨の難さや形、神経の位置など一人一人異なります。CTで撮影した画像からは、顎の骨の形や硬さがわかるだけでなく、顎の病気や神経の位置も調べることが出来ます。

CT撮影時間は、数十秒ですが、全体の時間は、撮影した画像データの作成時間を入れて約30分~1時間とお考えください。CT撮影した画像は、最先端のコンピュータシステム(SimPlant)に取り込まれ、コンピュータの画面上で顎の骨の状態を見ることが出来ます。

  • 画面を見ながら、治療の方法を分かりやすくご説明いたします。

  • 骨の状態をどこでも見たい位置で見ることが出来ます。この画像を使って手術の前に計画を立てます。

PAGE TOP

PRP (Platelet Rich Plasma)

PRPとは血液中の血小板を濃縮した血漿(けっしょう)の事をいいます。歯周病の治療やインプラント治療時の骨の増殖、促進作用効果ががあると言われています。

患者さんより採取した血液を遠心分離機にかけ、血漿を抽出します。これをインプラント治療時、顎の骨の幅、量が足りない方に、自家骨や人工の骨補填材と混ぜ合わせて骨の造成をしていくのです。この方法には、メリットがあり、ご自身の血清を使用するの為、アレルギー等の拒絶反応もなく非常に安全な点、個人の生体治癒能力も利用するため、治癒反応が非常によい点があげられます。治療方法も簡単な採血だけなので手間がかかりません。

この治療法のお陰で、顎の骨の幅、量が足らずインプラント治療が難しいとされてきた患者さんもより確実で安全にインプラント治療を行えるようになりました。

また、血小板の本来の働きでもある凝固作用により、創傷部の止血効果や、白血球が含まれているために抗菌効果も期待できます。さらに、液体の状態からゲル状にして応用するため、操作性がよく、骨移植材と混和して用いた場合には、骨移植材料が一塊となるために移植操作性にも非常に優れています。

近年、歯周組織再生療法や歯周形成外科へも用いられるようになり、骨再生のみならず、その他、歯周組織再生や創傷治癒促進も用いられているPRP。

骨移植の問題点であった操作性の悪さも、PRPと混和して使用することにより、骨欠損部への移植材の配送が容易になり、またPRPゲルの粘着性により移植材が外部流出することなく、安定した状態を保ちやすくなります。また、軟組織移植などで生じた解放創などに膜状にしたPRPを被覆し、PRPメンブレンとして応用することにより創傷治癒を促進させることも可能です。

このように、PRPは多くの利点から様々な症例に適応する可能性を持っており、インプラント治療においても、顎の骨の幅、量が足らずインプラント治療が難しいとされてきた患者さんに対し、より確実で安全なインプラント治療を行えるようになりました。

PAGE TOP

CGFとは

CGF治療とは、骨や歯茎などが足りない場所に添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えない患者様から採血した血液を特殊な遠心分離器にかけてできたゲル状のフィブリンと濃厚血小板をいれて再生を促す「完全自己血液由来のフィブリンゲル」のことです。
遠心分離を行うことで、血液中の血小板や赤血球が分離されます。それと同時に、血液中の凝固因子が自然に刺激されてフィブリンゲルが形成されます。このフィブリンゲルは、成長因子や血小板などを多く含むうえ、添加物を一切用いないため、完全自己血液由来のゲル素材といえます。

CGFのメリット

  • 添加物・人工物を使用しないので感染のリスクが低減される
  • 長時間ゲル状を維持できるので当日採血せずに1週間前に採血した血液を使用してインプラント治療や歯周再生治療などの治療に活用できる
  • 遠心分離機で15分程度の短時間でフィブリンゲルを制作できる
  • インプラントオペにおいて骨移植材と混合または骨移植材の代わりにしようできる

CGFの作成方法

  • 採血を行う
  • 遠心分離機に15分程度かける
  • フィブリンゲル(CGF)を取り出す

ガンマシステムについて

ウィーン大学名誉教授Prof.R.Slavicek(R.スラヴィチェック)の『咬合は生体に調和したものでなければならない。』という理論に基づいて開発された、額機能咬合診断診療総合プログラムです。

キャディアックス下顎運動測定装置により得られたデータをコンピューターにより解析し、患者さんの持つ個々の骨格形態を分析し、咬合器の設定、最終補綴物製作までのシステムです。

安心してオペを行うための専用の手術室です

PAGE TOP